医療脱毛とその特徴とは

美容外科や皮膚科、病院などで行われる脱毛のことを医療脱毛と言います。

脱毛と聞くとエステサロンなどを連想する人も少なくありませんが、エステサロンなどで行っているものは医療脱毛とは言いません。それは、医療脱毛は国の許可を得ている専用機器を用いて医師もしくは医師立会いのもとで行われるものであるからです。種類としては光脱毛やレーザー脱毛、電気脱毛などがありますが一般的にはレーザー脱毛を医療脱毛と呼ぶことが多いです。

脱毛をしたい患者の希望やムダ毛や肌の状態などに合わせてその方法を選ぶことも可能です。脱毛を行う前にはカウンセリングを受けて医師に状態などをしっかりと診てもらってから脱毛計画を立てます。カウンセリングの際にはどのようにしたいのか、不安な点は何かなどきちんと医師に伝えておくようにすることが大切です。

エステサロンなどで受ける脱毛の施術と異なる点としては医療機関で用いるレーザーの方が出力が高いことがあげられます。レーザーを処理を行いたい部分に照射して毛根の中にある毛乳頭の部分を破壊し、その毛穴からムダ毛が生えてきにくい状態にしていきますがその際のレーザーの威力が強いため、エステサロンと比べると施術の回数や脱毛期間が少なくて済むと言った特徴があるため、脱毛にかかる時間を短くしたいと言う場合にはおすすめです。

また医療脱毛の場合には施術中や施術後などに何らかのトラブルなどが起こってもすぐに対処してもらうことができると言ったことも大きな特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *