産毛にはレーザー脱毛は効果があるのか

レーザー脱毛は体毛の中に含まれているメラニン色素が光エネルギーを吸収し、そのエネルギーを用いて発熱する事で体毛の細胞にダメージを与えます。

細胞にダメージを与える事で毛が生えにくくなるので減耗効果が期待できるのです。つまり、細胞にダメージを与えるには十分な熱を発生させる必要があり、そのためにはレーザーの出力が高い方が良いのですが、出力は単純に高ければ良いという訳では無く、あまり強すぎても肌にまで影響を与えてトラブルを生じてしまいやすくなります。

また、レーザー脱毛器の出力以外にもメラニン色素の量が脱毛効果に影響し、産毛の場合は細くて色素の量が産毛で無い体毛と比べると少なくなっており、その分だけしっかりと細胞にダメージを与えるだけの熱を発生しにくくなります。

そのために、レーザー脱毛での産毛の処理はそうで無い体毛と比べると処理をするのは難しいと言え、ある程度納得できるまで処理しようとすると他の部分よりも施術回数が多くする必要が出たり、かなりの回数を行ってもまだ生えてくる可能性が高くなります。

また、産毛の場合は熱量が十分で無い事が多い事からも、硬毛化や多毛化が起きやすいという問題もあるので注意が必要です。全く意味が無いという訳では無く回数を重ねればそれなりの効果は期待できるのですが、それでも上で述べたような問題がある事からも施術を受けるのであれば、ある程度問題点については承知しておいた方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *