レーザー脱毛の前後は飲酒は避けよう

レーザー脱毛をこれから受ける際に注意しなければならない事の一つとして、施術を受ける前後の飲酒は避けるべきであるという事です。

施術を受けた後だけでは無く、施術を受ける前も含まれるので気をつけた方が良いです。お酒好きな人からしたらお酒を飲む事が出来ないのは辛いかもしれないですが、これにもきちんとした理由があるのでその理由について説明をします。

レーザー脱毛がどのようにして脱毛しているのかというと、レーザーを体毛に照射する事で熱を発生させていて、その熱を体毛の細胞に伝える事で脱毛効果があります。熱の発生は体毛のみで起きるように考えられているのですが、その熱が体毛の周囲の肌にも多少は伝わっています。

つまり、火傷というほどひどくは無くても肌が熱をおびるので軽い火傷状態となり肌が敏感な状態になります。そのまま特に何の刺激も与えなければ比較的元の状態に戻るのは早いのですが、そのような状態で肌に刺激を与えたり体温を上昇させるような事をすると炎症を起こしてしまう原因となり、症状が悪化してしまう可能性があります。

飲酒をすると血行を良くして体温を上昇させる効果があるために、レーザー脱毛するのであれば飲酒は良くないという訳です。また、アルコールは分解されるまでに数時間かかりますので、施術をする前にお酒を飲んだ場合でも炎症を起こす原因となります。どのくらい間を空ければよいのかは個人差などもありますが、前後12時間程度は飲酒は避けておくのが無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *