レーザー脱毛にもいくつか種類がある

レーザー脱毛は名前の通りにレーザーを照射する事によって脱毛する方法なのですが、そのレーザーの種類にはいくつか存在します。

例えば、ルビーレーザーというレーザーを用いる種類がありますが、これは白人向けのレーザー脱毛器であるので日本では基本的には利用される事は無いです。日本の場合は黄色人種向けに開発されたレーザーを用いていてこれにもいくつか種類がありますが、主に用いられているのはダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの二種類となります。

この二つのレーザー脱毛は何が違うのかというと、用いている高原が違うので波長が異なっていて、ダイオードレーザーは800nmあるいは810nm、アレキサンドライトレーザーは755nmとなっています。

レーザー脱毛の場合はメラニン色素がレーザーのエネルギーを吸収する事で脱毛する事が出来るのですが、波長が短いアレキサンドライトの方がメラニンの吸収率は高くなります。それではアレキサンドライトの方が優れているのかというとそうとも言えず、逆に波長が長い方が肌の奥にまで光が届くのでダイオードレーザーの方がその点については優っていると言えます。

調べてみるとダイオードレーザーの方が産毛に対しては効果が高いなどといった話もありますが、事はそう単純では無くて一概には比べる事は出来ないのです。どちらにしても脱毛効果があるという事は変わりないのであまり気にしなくても問題は無いですが、どうしてもどちらが良いのかがハッキリした方が良いというのであれば、病院で直接違いについて聞いたり自分に合っているのはどちらであるのかを相談してみるのが確実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *